楽天モバイルとahamo(アハモ)を徹底比較!サービス内容、メリット・デメリット、おすすめな人を紹介

ドコモのオンライン専用ブランド「ahamo」を知って、一番多い悩みが「楽天モバイルとどっちを選べば良いのか?」です。

多くのサイトでは「ahamo(アハモ)」を推していますが、筆者は楽天モバイルを推しています。

楽天モバイルをおすすめする理由
  • 楽天回線エリア内にお住まいの人ならデータ通信量使い放題
  • データを使っても使わない月は安くしたい方
  • 楽天ポイントを貯めたい、使いたい方

なぜなら、どちらのサービスもほぼ変わらない料金設定となっているから。

ahamo(アハモ)に限っては、データ量が20GBで月額2,970円(税抜2,700円)と衝撃的な価格設定であるものの全てのひとがお得になるわけではありません。

最大で25,000円相当のポイント還元実施中!

楽天モバイルを初めて申し込み+Rakuten BIGの同時申し込みで最大25,000円相当のポイント還元!

2021年4月1日から「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」 プラン料金 3,278円/月(税込)が3ヶ月間無料!

3カ月間!!プラン料金・ユニバーサルサービス料が無料

契約縛り期間、契約解除料、SIM交換手数料がないのは楽天モバイルだけ!

契約をされるひとによっては、普段の使用されている条件によっては損をしてしまう可能性があります。

楽 てん子

お得なのは「ahamo(アハモ)」じゃないの?

matu

どうでしょう!ただ、「ahamo(アハモ)」をはじめとしたオンライン専用ブランドは、ほぼ変わらない料金設定だから比較してから選びましょう!

そこで今回は、楽天モバイルユーザーの筆者が楽天モバイルと「ahamo(アハモ)」のプランを比較、それぞれのメリット・デメリットなどを紹介していきます。

この記事を読むことで、楽天モバイル・ahamoのどちらが向いているか判断することができますよ。

この記事でわかること
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵとahamoのプラン内容の違い
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵとahamoのメリット・デメリット
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵとahamo それぞれおすすめな人
目次

楽天モバイル・ahamoサービス内容

それでは、楽天モバイルとahamoの料金とサービス内容を紹介していきます。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
月額料金 0円~3,278円 2,970円
データ通信量/月 無制限※パートナー回線は5GBまで 20GB
5G対応 対応 対応
通信エリア ・一部の都道府県(主要都市が中心)
※エリア外ではパートナー回線は5GBまで
ほぼ全国
かけ放題 ・通話し放題※Rakuten Link アプリ利用時 ・国内かけ放題(5分):無料
・無制限かけ放題:1,100円/月
海外ローミング ・62ヵ国(別途料金不要)
2GBまで
・82ヵ国(別途料金不要)
20GBまで(国内と合算)
申込方法 Web・店舗 Web・アプリ
キャンペーン 3ヶ月無料キャンペーン 先行エントリーキャンペーン

比較してわかることは、両社とも月額料金・データ量・かけ放題・海外ローミングのサービス内容が異なります。

なので、提供エリアや申込方法を最初に確認しておくと、自分に合ったプランが選びやすいですし、毎月のデータ使用量も把握しておけば、より快適にサービスを利用できます。

たとえば、楽天モバイルだと1GBも使わない月は0円に抑えることができるので、あまりスマホを利用しない人にはお得にとなります。また、ゲームや動画を楽しむ方も、データ無制限の楽天モバイルだと安心して利用できるでしょう。

一方、毎月のデータ容量を20GB前後で安定している方・無制限は多すぎると感じる方は、ahamoで快適に利用できます。
そのほか、かけ放題にしたい人や海外によくいく人などは日頃の利用状況に合わせて内容を確認してください。

楽天モバイル・ahamoの料金と通話・データ容量を比較

両社のサービス内容の説明を終えたところで、次に、楽天モバイルとahamoの月額料金や通話・データ容量などを比較していきましょう。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
月額料金 ・~1GB:無料
・~3GB:1,078円
・~20GB:2,178円
・無制限:3,278円
2,970円
データ容量 無制限※パートナー回線は5GBまで 20GB
基本通話料
22円/30秒 22円/30秒
かけ放題 ・通話し放題※Rakuten Link アプリ利用時 ・国内かけ放題(5分):無料
・無制限かけ放題:1,100円/月
データ超過後の制限速度 最大1Mbps 最大1Mbps
データ容量の追加(オプション) 非対応 500円/1GB
4G対応 対応 対応
5G対応 対応 対応
Wi-Fiサービス
非対応 d Wi-Fi(無料オプション)
デザリング 無料 無料

ご覧の通り、通話もデータ容量も「楽天モバイル」の圧勝です。月額料金についてもahamoと同じ20GBまでであれば月額2,178円となっているので、800円以上もオトクに使うことができます。

なんといっても通話アプリを利用することで何回かけても、どれだけ話しても料金が発生しないことです。アハモは、5分間なら何回かけても無料で利用できますが、通話し放題を利用したいなら別途料金が必要になります。

なので、家族や仲のいい友達と好きなだけ話したいなら楽天モバイルがおすすめと言えます。

通話はアプリで無料!通信は月額3,278円で無制限の楽天モバイルはお得!

3カ月間!!プラン料金・ユニバーサルサービス料が無料

通信エリアを比較!楽天モバイルはエリアに不安・ahamoは安心のドコモ回線

ここでは、楽天モバイル・ahamoの通信エリアを比較していきます。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
通信エリア ・一部の都道府県(主要都市が中心)
※エリア外ではパートナー通信(au回線)を利
・ほぼ全国

ご覧の通り、通信エリアに関してはアハモが圧勝。楽天モバイルが自分に合っていると思っている人は、住んでいるエリアが楽天回線に対応しているか確認しましょう。

【楽天モバイルエリア】

楽天モバイルより引用

楽天モバイルは設備投資が遅れていることもあり、楽天回線圏外のエリアはau回線での利用となる。データ通信が月5GBまでの通信制限がかかるので通信を気にせず利用する人にとってはデメリットになるからです。

一方、アハモは安定のドコモ回線だから、ほぼ全国での利用が可能。離島や山間部では圏外になることや3G回線に対応していないなどがありますがデータ通信を気にせず利用したい人はアハモの利用をおすすめします。

キャリアメールを比較!楽天モバイルは対応予定・ahamoは非対応

キャリアメールとは、メールでよくみる「@」の後ろから各キャリアのドメイン名となっているメールアドレスのことでキャリアを契約中のみ利用できます。

なので、ドコモ、au.ソフトバンクを解約すると、当然ですがこのアドレスは使えなくなります。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
キャリアメール 2021年夏ごろ予定 非対応
SNS 3円/1通(アプリ未使用時) 3円/1通
緊急速報メール 対応 対応
災害用音声お届けサービス 非対応 対応
災害用伝言板 非対応 対応
留守番電話 対応 対応

アハモを新規で契約された人は問題ないのですが、ドコモ.au,ソフトバンクからMNPをしたい人はキャリアメールで登録しているサービスや友人にメールアドレスの変更を連絡する必要が出てきますので、下記の流れでMNPをするようにしましょう。

キャリアメールを綺麗に移行する3ステップ
  1. Gmail等のフリーアドレスを取得
  2. サービスや友人にメールアドレスの変更を連絡
  3. MNPを実行する

楽天モバイルの場合、公式HP上ではキャリアメールが使えることになっていますが、これはMVNOから移行した方が「@rakuten.jp」のメールアドレスを利用していることが条件となります。

現状、新規契約の人はキャリアメールが付与されません。しかし、2021年1月29日「楽天モバイル プレスカンファレンス」にて、2021年夏頃に楽天モバイルのキャリアメールが提供されることが発表されています。

今のところ、ahamo、Povo,ラインもの3プランは、キャリアメールの提供がないので利用したい人は楽天モバイルを検討してみるのも良いかもですね。

申込み方法とサポートを比較!楽天モバイルは無償・ahamoは有償でのサポート体制

携帯会社の申込み時やその後のトラブルは、どんな人でも大小関係なく少なからずあるはずです。そんな時は必ず契約会社のサポートを受けたいと考えるはず。

しかし、楽天モバイルとahamoは、申込方法やサポート体制が全く異なります。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
申し込み方法 Web・店舗 Web・アプリ
サポート体制 店頭・電話・チャットサポートあり ・専用チャット
・4月22日より有償サポート開始
故障受付 店頭・オンライン オンライン
契約縛り なし なし
解約手数料 無料 無料
手数料 ・新規契約手数料:無料
・MNP転出手数料:無料
・新規契約事務手数料:無料
・プラン変更:無料
・MNP転出手数料:無料
MNP 他社から:一律MNP転出手数料は会社による。 ・ドコモユーザー:ahamoへのMNP手続き不要(プラン変更扱いになる)
・他社から:一律MNP転出手数料は会社による。

表の通りとなりますが、店頭・電話のサポート体制がないため、申し込みだけでなく機器トラブルがあった際は自分で解決しなければなりませんので普段から窓口や店頭でサポートを受け慣れている人はahamoの利用は控えた方がいいかもしれません。

また、NTTドコモは、ドコモショップで4月22日より、どちらもサポート料金 3,300円で「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」を開始すると発表しました。

このサービスは、契約だけに特化してahamoサイト内のお手続きをお手伝いするもの、サポート内容は以下のとおり。

ahamo有償サポート

ahamo WEBお申込みサポート:ahamoの新規契約、他社からの乗り換え、NTTドコモのギガプランなどからの料金プラン変更の申し込みをサポート

ahamo WEBお手続きサポート:ahamo契約後の各種手続きの申し込みをサポート

一方、楽天モバイルはというと店舗での対応や電話・チャットサポートを無償で受けうことができます。普段から窓口や店頭でサポートを受け慣れている人は、安心して利用できる楽天モバイルがおすすめです。


窓口や店舗で相談したい方は、楽天モバイルのサポート体制は安心といえるでしょう。

支払い方法を比較!楽天モバイルはポイント支払い可・ahamoはポイント支払い不可

次に、楽天モバイルとahamoの支払方法について比較していきましょう。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
支払い方法 ・口座振替
・クレジットカード
・デビットカード
・楽天ポイント
・口座振替
・クレジットカード

支払いに関していえば大きな差はないと言えるでしょう。

しかし、ahamoが口座振替・クレジットカードに対し、楽天モバイルは口座振替・クレジットカード・デビッドカード・楽天ポイントの4つから支払うことが可能なので選択の幅が広い。

また、楽天市場等のサービスを使用し、楽天カードで支払いなら支払額100円につき1円相当の楽天ポイントが付与されるので、貯まったポイントを「楽天モバイル」の月額料金支払いに利用することができます。

ポイントを上手く利用して携帯料金を抑えることができれば、通信は楽天モバイルが得することになります。

キャンペーン比較!楽天モバイルは3ヶ月無料・ahamoは先行エントリーでのポイント還元

キャリア契約をする上で、一番気になる項目がキャンペーンではないでしょうか?楽天モバイルとahamoはどちらもキャンペーンを行っています。それぞれのキャンペーンについて比較していきましょう。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
キャンペーン 3ヶ月無料キャンペーン 先行エントリーキャンペーン

ahamo(アハモ)キャンペーン条件詳細

1キャンペーンサイトから先行エントリー「電話番号」と「メールアドレスのご登録」を実施する。

2 契約対象期間中にahamoを契約

3 ahamo契約後、先行エントリー時で登録した携帯電話番号のSMS、またはメールアドレスへご案内するキャンペーンサイトの必要事項を記入の上dポイント獲得の手続き(先行エントリー情報の確認)を実施する。

要約すると「先行エントリー ⇒ ahamo契約 ⇒ ポイント獲得手続き」という流れを実施する必要があります。

付与されるdポイントは期間用途限定のため、進呈から6か月後経過すると失効するので忘れずに利用しましょう!

キャンペーンは混雑が予想されるため、ポイントサービスを受けたい人は早めに利用するようにしましょう。

一方、楽天モバイルは2021年4月8日0:00から3ヶ月間基本料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

特典の適用は1人1回線1度限りですが、2021年4月8日(木)0:00からキャンペーンが終了されるまでとなっているので新規で楽天モバイルを利用してみたいと思っている人やお試しにサービスを利用してみたい人におすすめです。

楽天モバイル・ahamoのメリット・デメリット

ここまで、楽天モバイルとahamoを比較してきました。正直、まだどちらを契約したらよいか迷っている。そんな人のためにメリット・デメリットを紹介していくので参考にしてくださいね。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ ahamo(アハモ)
メリット 楽天回線エリア内はデータ無制限 ・ドコモ回線エリア(ほぼ全国)で利用可能
・店舗で相談できる。 ・5Gの普及率が高い
・楽天ポイントが貯まる・使える ・dポイントが貯まる・使える
デメリット ・一部エリアはau回線での利用 月間データ容量が20GBまで
・利用できるiPhone機種が少ない ・手続きはオンラインのみ
・5Gの普及率が低い ・サポートは有償

迷っているのならメリットで判断するよりもデメリットで判断することをおすすめします。なぜなら、毎日使用するスマホが快適に利用できないのは不愉快でしかない。デメリット部分を理解したうえで選ぶことが快適に利用することのポイントになります。

楽天モバイルなら、楽天回線エリア内での利用はデータ無制限ではあるが一部のエリアはau回線でデータ通信の利用制限がある。利用制限はあるけども気にしない人は楽天モバイルを契約してもいいでしょう。

反対に、ahamoは手続きと窓口がオンラインのみ、月間データ容量が20GBだから自己解決ができる、データ容量もそれほど利用しない人はahamoがおすすめと言えます。

楽天モバイルとahamoを比較して、メリット・デメリットもご理解頂けたと思います。
次項からは、おすすめの人を紹介します。

楽天モバイルはこんな人におすすめ

ここでは、楽天モバイルをおすすめの人をご紹介します。

楽天モバイルをおすすめの人
  1. 楽天モバイル提供エリアに住んでいる方
  2. データを使っても使わなくても安くしたい方
  3. 楽天ポイントを貯めたい、使いたい方

楽天モバイルの提供エリア内にお住まいの方は楽天モバイルのプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」をおすすめします。楽天回線エリアであれば、通話が無料な上にデータ量が無制限の使い放題。

使い放題といいつつ使用データ量によって料金も変わるので、携帯料金を安く抑えたい人にもおすすめと言えます。(月に0GB~1GBの利用だと0円で、20GBを超えても3,278円(税込)で利用できる。)

さらに、普段から楽天市場や楽天トラベルなど、楽天が運営するサービスを使用している方は、月額料金100円につき、楽天ポイントが1ポイント貯まります。支払方法をクレジットカード・デビッドカードに指定しておけば、貯まった楽天ポイントを月額料金の支払いに利用できるので楽天のサービスをよりお得に利用できますよ。

ahamoはこんな人におすすめ

一方、ahamoをおすすめの人は下記の通りとなりますので紹介していきます。

ahamoをおすすめの人
  1. ある程度のトラブルは自分で調べたり、解決ができる
  2. ドコモ回線を使いつつ、料金を安くしたい
  3. 毎月20GBあれば十分足りる

「ahamoプラン」を利用するには、大前提として「ショップや電話のサポートが受けれなくなる」という大きなデメリットがあります。

例えば、「スマホの使い方を教えてください」とか「◯◯ってなんですか?」といった類のサポートはできません。

契約後に、トラブルが起きたとしても、誰も助けてくれないので、頻繁にショップや電話などでサポートをお願いしたことある人にはおすすめできません。

なにかあっても自分で調べて解決できる人でないとahamoの利用は難しいと言えるでしょう。

逆に、これまで特にショップや電話サポートの必要がなく自己解決してきた人は、間違いなくahamoがおすすめのプランと言えます。

楽天モバイルとahamoのまとめ

この記事は楽天モバイルとahamo(アハモ)を徹底比較!契約するならどっちおすすめなのか?について書いた記事です。

楽天モバイルは、2021年4月7日から3か月間無料のキャンペーンを開催しており、ドコモはオンライン専用で料金の安い「ahamo」を展開しています。

どちらも魅力的なプランですが、ニーズによっておすすめできる人とできない人にわかれるので、各社の特徴を確認の上で選ぶようにしましょう。

それぞれのおすすめな人

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ:楽天回線エリア内にお住まいで、料金を安くしたい人。

ahamo:毎月20GBあれば十分足り、料金を安くしたい人。

楽天モバイルは、自社回線のエリアが限定されているため一部エリアはau回線での利用となる。

一方、ahamoは2021年3月にサービスを開始したばかりの新プランのため、必ずしもahamoのサービスが良いとは言いきれません。

内容の評判等はこれから集まってくるのでサービス内容と使いやすさを重視して、快適なプランを選んでくださいね。

おわり

3カ月間!!プラン料金・ユニバーサルサービス料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる