【UN-LIMIT】楽天モバイルの新料金プランとUN-LIMIT Vを徹底紹介!

こんにちは、楽天モバイルユーザーのmatuです。

皆さんは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」をご存知ですか。

楽てん子

Rakuten UN-LIMIT2.0なら聞いたことあるけど新サービスですか?

matu

はい!その通りです。

楽 てん子

Rakuten UN-LIMIT2.0とは何が違うの?

matu

簡単に説明すると5Gサービスが利用可能となりました。

しかし、それでは説明不足なので詳しく解説して行きます。

Rakuten UN-LIMIT Vとは楽天モバイルですが10月に、旧料金プランの料金設定をそのままに5Gが追加された新料金プランです。

ドコモ、au、ソフトバンクにつぐ第四のキャリアとなった楽天モバイル。

楽天モバイルを聞いたことはあるけど詳しくは知らない、知っているけど加入はしていない方はこの記事を読んで楽天モバイルの魅力を知ってくださいね。

目次

Rakuten UN-LIMIT V」とは5GとZERO宣言が追加された新料金プラン

Rakuten UN-LIMIT VとはRakuten UN-LIMIT2.0の基本料金「月額2.980円」に5Gサービス、新サービス「ZERO宣言」が追加された新サービス。

楽天モバイルより出典

「Rakuten UN-LIMIT V」のサービス内容はこちら

Rakuten UN-LIMIT V

1基本料金は月額2,980円。

2.通話専用アプリの利用で通話料が無料。

3.データ量は楽天回線なら無料、パートナー回線なら月5GB

4.楽天モバイルの新サービス「ZERO宣言」

5.「4Gサービス」と「5Gサービス」に対応

楽天モバイルは「ワンプラン」という通り、プランはひとつだけ。

月額2980円の「Rakuten UN-LIMIT V」というプランだけで、楽天回線エリアのデータ通信が使い放題、国内通話もかけ放題。

さらに、海外でのデータ通信も月2GBまでとなりますが通話は無料(iPhoneはWi-Fi環境での利用)で使えるかなりお得な内容となっています。

しかも、今なら300万人までは1年間無料のキャンペーン実施中です。

\締め切り間近!基本料金1年無料キャンペーン中/

結論!一年間無料のキャンペーンはお試しで申し込んでもお得である。

楽天モバイルは、昨年4月に「携帯キャリアサービス」をスタートと同時に「300万人限定で1年間基本料金無料」のキャンペーンを実施しました。

背景には、ユーザー獲得や知名度の向上があるとは思いますが。しかし、ユーザーからしたら1年間無料で利用できるお試しで利用するのに最適なキャンペーン。

なぜなら、仮に新規で契約して納得いかなければやめることもできるし、満足なら1年間も基本料金無料でサービスを楽しむことができるのでユーザー側にデメリットがないのでお得と言えます。

1年間無料キャンペーン詳細

・プラン料金が開通日から1年間無料

・ユニバーサルサービス料が開通日から1年間無料

実は楽天ユーザーである筆者は、Rakuten UN-LIMIT2.0のサービスの開始共に契約するつもりでしたが様々な要因から様子をみていました。その理由は、下記の記事で詳しく紹介していますので以前のサービスに興味がある方は合わせてお読みください。

【UN-LIMIT】楽天モバイルの新サービス「RakutenUN-LIMIT2.0」まとめ

最新の情報では、契約回線が250万回線を突破したばかりで、300万回線まであとわずかとなっています。3,4月は乗り換えの時期といわれてますので、急がないと300万回線に突破してしまう可能性があります。

契約を検討中の方はお早めにどうぞ!

追記

2021年4月7日をもって1年間無料キャンペーンは既に終了しています。代わりに現在は、新規契約者限定の初回契約3ヶ月間無料キャンペーンを実施中です!

\4月7日より3ヶ月間無料キャンペーン実施中/

「ZERO宣言」とは事務手数料、通話料、5Gサービスが無料のサービス

楽天モバイルは、携帯キャリアの常識をくつがえす取り組みだとし、2020年11月4日に契約事務手数料やMNP転出手数料など各種手数料を無料とする「ZERO宣言」を発表しました。

楽天モバイルより出典

楽天モバイル「ZERO宣言」の詳細はこちら!

楽天モバイルZERO宣言
  • プラン料金1年無料
  • 5G通信
  • アプリ利用で国内通話料
  • 契約事務手数料
  • SIM交換手数料
  • MNP転出手数料
  • 契約解除料

最大の魅力は、契約にともなう事務手数料のほぼすべてが無料になったことです。

ユーザーにとって事務手数料は地味に負担となる項目。しかし、この費用が一切かからないだけでも家計の出費がかなり助かります。数多くある携帯会社の中でも、事務手数料が無料なのは楽天モバイルだけの特典といってもいいいでしょう。

事務手数料が無料だから合わなければ、すぐにやめることができる敷居の低さにユーザーにとってはかなり優しいサービス。

しかし、他社と比べた場合にユーザにとって本当に優しいサービスなのでしょうか?気になるZERO宣言を項目ごとに他社と比較しながら紹介していきたいと思います。

プラン料金1年無料は他社よりお得?

楽天モバイルの基本料金は月額2,980円(税別)で年間で利用するなら35,760円の出費となります。

12ヶ月×2,980円(税別)35,760円(税別)

では、他社と比べた場合、楽天モバイルはお得と言えるのでしょうか。

  プラン名 2年目以降
ドコモ 5Gギガホ 7,480円(税別)
au データMAX5G 8,480円(税別)
ソフトバンク メリハリプラン 6,580円(税別)
楽天モバイル UN-LIMIT V 2,980円(税別)

ご覧いただいた通り、料金に関しては楽天モバイルが一番安いと言えます。

また、今なら基本料金無料キャンペーン中ですから適用となれば、1年間の基本料金35,760円が無料になるので、浮いた分を貯金や洋服代に回すこともできます。(1年無料キャンペーンは終了しています。

楽天モバイルは、お金をためたい人や携帯料金を抑えたい人にとっておすすめなサービスといえます。

5G通信利用料金無料

楽天モバイルの5G通信利用料金は無料。では、通話料金に関して他社はどうなのか実際に比較してみましょう。

  契約初年度 2年目以降
ドコモ 半年間1,000円(税別)割引 半年後1,000円(税別)
au 1,000円(税別)割引  1,000円(税別)
ソフトバンク 1,000円(税別)割引  1,000円(税別)
楽天モバイル 無料 無料

ドコモは半年後に基本料金からの割引がなくなり、auとソフトバンクは1年後に基本料金からの割引がなくなる仕組みです。その点、楽天モバイルは初めから5G利用料金が含まれれているから、後から料金がかる事がないから気にせず利用できます。

ただ、iPhoneシリーズと一部のAndroidに5G未対応なのが残念なところ、この点は、他社のサービスの方が対応機種が多いので好みが分かれそうです。

とはいえ、対応する端末であれば月30.00円(税別)以下で無料で利用できるのはお得なサービスと言えます。

アプリで国内通話無料

楽天モバイルの専用アプリ「RakutenLink」を利用することで国内通話料金が無料になります。

では、通話料金に関して他社はどうなのか実際に比較してみましょう。

  通話プランA 通話プランB
ドコモ 5分:770円/月(税別) 定額:1,870円/月(税別)
au ライト:700円/月(税別) 定額:1.700円/月(税別)
ソフトバンク 準定額:800円/月(税別) 定額:1.800円/月(税別)
楽天モバイル 無料 無料

通話プランAの項目は5分や10分など時間制限あり、通話プランBの項目は無制限となっています。

3社とも基本料金とは別であり、プランAに関しては時間によって月の請求金額がかわる。プランBに関しては無制限であるけれども利用しなければ約2,000円程の利用料が損でありムダな出費となるだけです。

その点、楽天モバイルは通話料金が無料のため他社と比べてお得であることが分かります。

契約事務手数料、契約解除料が無料

契約時に必要な事務手数料「3,000円(税抜)」が楽天モバイルでは無料となります。では、他社とどれぐらい違いがあるのか実際に比較してみましょう。

  契約事務手数料 解約事務手数料

ドコモ

新規:3,000円(税別)

2019年以前:9,500円(税別)

2019年以降:1,000円(税別)

au

新規:3,000円(税別)

2年契約:9,500円(税別)

2年契約N:1,000円(税別)

ソフトバンク

新規:3,000円(税別)

2019年以前:9,500円(税別)

2019年以降:無料

楽天モバイル 無料 無料

携帯電話の解約手数料は2019年の法改正で大きく変わりました。2019年以前に契約している方は9,500円(税別)の解除料が必要となり、それ以降に契約した方は1,000円(税別)または無料となる仕組みです。

2019年移行に目を向けると、ソフトバンクと楽天モバイルが契約解除料金が無料です。ドコモ、auと比べユーザファーストのサービスであることが分かりますね。

次に、契約事務手数料ですが、楽天モバイルを除き新規契約料金が3,000円(税別)必要となる結果に。

契約時に必要な費用は、利用者にとっては地味に負担。新規で契約するには敷居が高い印象を持ってしまうので利用者によっては好みが分かれそうです。

SIM交換手数料、SIM再発行手数料、MNP転出手数料

スマホを利用する上で一番感じなSIMカード。実はこのSIMカードは「破損、変更、他社への転出」時に費用がかかります。

ですが、楽天モバイルならこの手数料が無料なのですが、他社も同じように無料となっているのか比較し紹介していきたいと思います。

  SIM交換・再発行 MNP転出

ドコモ

SIM交換:なし

再発行:2,000円(税別)

2,000円(税別)

au

SIM交換:なし

再発行:2,000円(税別)

3,000円(税別)

ソフトバンク

SIM交換:なし

再発行:3,000円(税別)

3,000円(税別)

楽天モバイル

SIM交換:無料

再発行:無料

無料

結果は、楽天モバイル以外は各種事務手数料がかかることがわかりました。

MNP転出費用が無料なのは企業側からすれば自由に移ることができてしまうので不安となる要素ではありますが、ユーザーからしてみれば好きな時に契約と解約をすることができるので気楽に利用することができます。

ちなみに、楽天モバイルのSIM交換「無料」とは、eSIMからSIMカードへの切り替え時にかかる手数料のことを意味し、ドコモ、au、ソフトバンクには「eSIM」が存在しないのでこの項目は「なし」と表記させていただいています。

「Rakuten UN-LIMIT V」のメリットとデメリットを紹介!

ここでは、Rakuten UN-LIMIT Vのメリット・デメリットを紹介していきます。

プラン名 Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
メリット ・無料キャンペーン実施中
・月額3.278円で通話無料・通信無制限
・各種事務手数料が無料
デメリット ・一部エリアはau回線での利用
・利用できる機種(端末)が少ない
・山や地下などでは電波も入りが悪い

2020年4月より開始した楽天モバイルは、月額「2,980円」で楽天回線なら「通信・国内通話・グロバールサービス」が使い放題と魅力的なサービスとなっています。しかしその反面、一部のエリアに関してはパートナー回線で「月5GB」の利用制限での利用となります。

主に田舎の地方が対象になってしまいますが利用制限がかかってしまいますので、楽天回線でないユーザーにとっては損な気分になってしまいますのでその点がデメリット。

利用できる端末に関しては、自社端末のほかにSIMフリー端末が使えるのは嬉しいメリット。しかし、iPhoneに関しては対応する機種が少ないのものの、Androidに関してはほとんどの端末が問題なく利用することができます。

利用できる端末の確認はこちら

あわせて読みたい
ご利用製品の対応状況確認 |  製品 | 楽天モバイル
ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル楽天回線対応の楽天モバイル公式スマートフォンなら「Rakuten UN-LIMIT VI」が思う存分楽しめる!お持ちのスマホがご利用できるかどうかを簡単にご確認いただけます

iPhoneの対応機種が少ない理由については、過去に楽天モバイルでiPhoneは使えない?について記事を書いているのでこちらを参考にしてくださいね。

【UN-LIMIT】楽天モバイルでiPhoneは使えない?対応・利用方法を徹底紹介!

現状、都心部であれば既に楽天回線が展開されているので通話、通信を無料で利用する事ができます。しかし、楽天モバイルが完全自社回線となるにはかなりの時間がかかる見込み。

しかし、通信状況に関して気にしない、スマホ代金を少しでも安く済ませたい、通信量を気にせず利用したい人にとって「Rakuten UN-LIMIT V」はおすすめなサービスといえます。

\締め切り間近!基本料金1年無料キャンペーン中/

どうしても、回線に満足できない方は無理をせず他社回線への移行をおすすめします。

楽天モバイルをおすすめしない人は回線に安定な回線と家族で利用したい人!

ここでは楽天モバイルをおすすめしない人について紹介していきます。

おすすめしない人
  • 安定した回線を利用したい人
  • キャリアメールを利用したい人
  • 家族でまとめて利用したい人

楽天回線は、通話と通信が無料のメリットがありますが、他のキャリアに比べると回線にやや不安。

キャリアメールが使えないのも特徴で、利用したい方にとってはデメリットになってしまいます。

回線が気になる、キャリアメールを使いたい。そんな方は、楽天モバイルではなく他のキャリアの利用をおすすめします。

楽天モバイルをおすすめしたい人は携帯料金を抑えたい・SIMフリー端末を利用したい人

ここでは楽天モバイルをおすすめしたい人について紹介していきます。

おすすめしたい人
  • SIMフリー端末を使いたい人
  • 回線が不安でも気にしない人
  • 携帯料金を下げたい人

楽天モバイルを一番おすすめしたい人は、とにかく携帯料金を安く抑えたい人です。

他のキャリアは、基本料金に各種サービスを追加すると大体「6000円〜8000円」の出費となります。

その点、楽天モバイルは月額2.980円で各種サービス込み。月の料金が3千円で収まるので家計への負担が減ります。

余った金額を貯金や月に一回の豪華な食事にあてることもできます。家系の負担を減らしたいなら楽天モバイルがおすすめです。

Rakuten UN-LIMIT Vのまとめ

この記事は、【UN-LIMIT V】新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」と旧プランの違いを徹底紹介!について書いた記事です。

Rakuten UN-LIMIT Vの特徴は

特徴

1基本料金は月額2,980円。

2.通話専用アプリの利用で通話料が無料。

3.データ量は楽天回線なら無料、パートナー回線なら月5GB

4.楽天モバイルの新サービス「ZERO宣言」

5.「4Gサービス」と「5Gサービス」に対応

です。

月額2980円の「Rakuten UN-LIMIT V」というプランだけで、楽天回線エリアのデータ通信が使い放題、国内通話もかけ放題、さらに海外でのデータ通信も月2GBまでとなりますが通話は無料(iPhoneはWi-Fi環境での利用)で使えるかなりお得な内容となっています。

しかも、今なら300万人までは1年間無料のキャンペーン実施中です。上限に達するとキャンペーンは終了となるので契約を考えている方は是非、この機会に申し込んでくださいね。

おわり

\締め切り間近!基本料金1年無料キャンペーン中/

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる